OMS戯曲賞

OMS戯曲賞とは

扇町ミュージアムスクエア(OMS)は、1985年3月に大阪ガス株式会社の遊休施設を活用し、劇場・映画館・雑貨店・ギャラリー・レストランを備えた複合文化施設として、大阪市北区神山町に開館しました。
3年間の暫定活用の予定で開館しましたが、多くの表現者・鑑賞者、お客さまにご利用いただき、《若者文化の情報発信基地》として親しまれ、2003年3月16日に閉館しました。

OMS戯曲賞は、OMS10周年記念事業の一環として1994年に創設しました。
次代を担う新たな劇作家の発掘と同時に、既に評価のある中堅劇作家への刺激も兼ねて、過去に受賞歴のある作家も選考の対象にしており、関西発信の戯曲賞として全国的に注目を集めています。
前年に書き下ろし上演された作品を対象に、大賞、佳作をそれぞれ1作品ずつ選び、受賞作(大賞・佳作)と選評、選考過程を収録した本を出版します。

また、第1回〜7回までの大賞受賞作は、OMSプロデュースとして公演を行いました。
主催は、第10回(2003年)までは大阪ガスグループの株式会社アーバネックスが、第11回(2004年)からは大阪ガス株式会社が行っています。
事務局の運営は、第11回(2004年)までは大阪ガスグループの株式会社プラネットワークが、第12回(2005年)からは大阪ガスビジネスクリエイト株式会社が行っています。

大阪ガス株式会社は
公益社団法人企業メセナ協議会による顕彰事業「メセナアワード2011」において、芸術文化振興に高く貢献した芸術文化支援活動に贈られる「メセナ大賞部門」で、「OMS戯曲賞による関西の演劇支援」を評価され『演劇ともしび賞』を受賞しました。

お問い合わせ
OMS戯曲賞事務局 平日:9時〜17時00分
TEL:06-6446-4320/e-mail:oms-info@ogbc.co.jp
大阪市西区京町堀1-4-16 センチュリービル3F 大阪ガスビジネスクリエイト株式会社内
PAGETOP